発見の歴史について

| 未分類 |

スポーツ会場シアル酸は、1940年頃に発見された歴史があります。

 

発見には、独立したふたつの研究グループによって行われました。

 

生物発生と共に存在してはいたものの、発見をされたのが1940年頃だと言われています。

 

ツバメの巣から抽出されることが有名となっています。また、人間の母乳にも多く含まれており、生まれたばかりの赤ちゃんの体を守るやくわりも果たしています。

 

その他、牛乳や鶏卵などにも含まれており、動物の唾液から摂取することのできるシアル酸は、ツバメの巣とローヤルゼリーとなっています。

 

生物が自らの身を守るために、ウイルスや菌から身を守ることのできるものとして存在していると考えられています。

 

免疫力や内蔵機器、を強化して健康的な体をつくり、仮に病気やウイルスに感染したとしても、自然治癒力が向上するように存在しています。

 

細胞の働きを正常に保つことで、健康を維持できるようにしているのです。限られた場所でしかとれなかった時代は、中国の宮廷の女性や、上流階級の婦人、そして楊貴妃なども美貌の維持のために、ツバメの巣を食していたと言われています。

 

明の時代の皇帝も愛用していたというほど、昔から健康と美容に役立てられてきたシアル酸といえます。