多く含む食品はコレ

| 未分類 |

ウィルスや細菌などが、細胞に感染することを防いで、人間の免疫力を高める働きがあると期待されているのがシアル酸です。ダーツ02

 

人間の細胞にも含まれていて、母乳や卵にも存在しています。その他、牛乳や鶏卵にも含まれています。

 

ツバメの巣は特にシアル酸を多く含んでいる食品のひとつです。

 

シアル酸は脳の発達にも関わりがあり、脳や中枢神経に多く含まれています。

 

細胞の働きを正常に保つとともに、免疫機能を整えることができるため、ウィルスや菌から体を守ることができるのです。

 

インフルエンザウイルスにも効果があるとされています。

 

また、細胞と細胞をつないで、情報の伝達をする働きもあるため、しわやしみ、たるみなど、体内における酸化を防ぐことができます。

 

また、潤いや弾力のもととなっているコラーゲンやヒアルロン酸が必要な場所へと導かれる役割を果たしているためです。

 

日々の生活でツバメの巣を大量に食すのは難しい場合は、サプリメントなどから摂取されることをおすすめします。

 

その他、神経刺激作用によって、育毛を促進する効果も期待できます。

 

健やかなお肌や髪の毛を維持し、体をウイルスや菌から守って健康でいるために、シアル酸はおすすめの成分です。