シアル酸の特徴

| 未分類 |

シアル酸は酸性の糖で、細胞同士の情報伝達に関係が深いものです。

 

ウイルスや細菌の感染を防ぎ、免疫力を高める働きがあるとダーツ01いうのが特徴です。人の細胞や母乳、卵などにも含まれ、食材としてはツバメの巣などから摂取することができます。

 
人の母乳中のシアル酸は、初乳と呼ばれる出産後10日前後の母乳に多く含まれています。

 

シアル酸が多く含まれることによって、新生児の免疫機能を補い、ウイルスや細菌などの感染を防ぐと言われています。

 

シアル酸の働きには、ウイルスなどが生体に感染する前に、病原菌を吸着させ感染を防御する機能があるからです。

 

そのためインフルエンザウイルスの感染予防などにも効果的です。また、シアル酸は脳の発達にも関わります。

 

そのため、乳幼児の脳や中枢神経などに多く含まれています。

 

その他にも、シアル酸にはヒアルロン酸やコラーゲンを必要な場所に誘導するという役割があるため、美肌効果が期待されたり、育毛効果などの研究が進められています。

 
さまざまな効果があるシアル酸ですが、これを普通の食事から摂取するのはなかなか難しいことです。

 

ツバメの巣には多くのシアル酸が含まれていますが、高級食材なので簡単に手に入るものではありません。

 

最近ではローヤルゼリーにもシアル酸が多く含まれていることが分かってきました。

 

そのため、ローヤルゼリーなどの健康食品やシアル酸入りの美容ドリンクなどで補うのが一番簡単な摂取方法です。